家計のダイエットもTwitterで?

Twitterも使い方次第で、ダイエットに効果があるという研究成果が明らかになりました。 なるほど、ダイエット最大の難関は「継続性」かもしれませんから、モチベーションの維持に加えて周囲からの応援メッセージが頼れる味方になるのかもしれませんね。 実際、日々の体重をTwitterに投稿するアプリもあります。 Twitterアカウントを実名にしている人なら、より緊張感が高まりそうですね。 また、Web上で毎日の体重や食事のメニューを記録し、ダイエットや健康管理に生かすというサイトもあります。

イートスマート

サイトの特徴として、公開範囲を選べる日記が用意されていたり、体重だけではなく毎日の食事からカロリー摂取量も簡単に記録できたりといった優れものです。 こうした工夫も、ソーシャルな場を上手に利用することに、ダイエットの継続性を高めるという効果があるからでしょうか。

つぶやくダイエット

継続性が求められるという意味で、ダイエットと同じようになかなか難しいことって、もうひとつ、思い出しませんか? そうです、家計簿です。(笑)

 

おこづかい帳代わりに、日々の支出をTwitterに記録している人もいるようですが、もちろんその場合は、ツイートを非公開にしている人がほとんどでしょうね。 少し探してみたら、家計簿関連のBOTやハッシュタグもあるようです。 ただ、実名のアカウントとなるとお金のことですから、体重を公開するのと同じように日々の支出金額を公開するとなると、やはり運用は難しいですね。 冒頭の研究成果は、実名でつぶやくことの緊張感や、フォロワーさんからの支持によって成果に違いがありそうだということですから、家計簿専用のアカウントを作って、別々に運用するという方法もあるでしょうか、いえ、やっぱり面倒ですよね。

 

そっか、家計簿代わりにTwitterを使うのではなくて、「家計簿を頑張ってつけている」とか、「家計簿がなかなが続かない」といったつぶやきに反応して、「家計簿を続けているあなたはエライ!」「もうすこし頑張ると、きっといいことがあるよ!」「応援しているよ!」なんていう、応援メッセージをリプライしてくれるBOTがあれば良さそうですね。 あるのかな? なかったら作っちゃいましょうか。 いえ、作り方を調べることろから始めないといけないのですが。(汗)

 

家計簿はつけることが目的ではなく、家計の現状を知るためのツールです。 家計の現状を把握することが目的ですから、「だいだいの傾向」をつかむまでは続けることが必要ですね。 ただし、目的から考えると、1円単位までぴったり合わせる必要はありませんから、ゆる~くでも自分らしく続けられる方法を見つけたいですね。 まずは、1年間の家計の収支について、だいだいの傾向がわかるまで続けば、きっと新しい発見がありますよ。

 

 


居場所探しと自分探し

高学歴ワーキングプアどころか、超高学歴ワーキングプアな時代なんですか?(汗) 私などには別世界の、専門的な研究を続けるために大学院に進むという選択肢だと思いますが、最近では、希望する会社や職種への就職がかなわないので大学院に進むということもあるという話を聞くこともあります。 もちろん、いろいろな考えや計画があってのことだとは思います。 しかし、その先に、さらなる試練が待っているかもしれないことまで受け入れてのことなんでしょうね。

社会に出て、数十年経つような大人でも悩んだり、迷ったりしています。

55歳のハローライフ

自分探しをするために会社を辞めなくていい!ANDキャリア論

キャリア未来地図の描き方

進路

自分の本当の居場所って?求めている自分像って?と、追い求めることは大事なことですが、見つけるまでには長い時間が必要なのではないでしょうか。 「見つかった!」というよりも、「たどり着く」とか、「積み重ねる」というイメージだと思います。 将来を考え、悩んだり、失敗したり、という今の経験が大事で、日々の暮らし方・生き方を大切に考えたいですね。 もちろん、たまには思いっきりハメを外したり、遊んだり、な~んにもしない!ということも含めてですよ。 泣いたり、笑ったり、でも大きく誤らない、そんなライフスタイルを応援したいです。

関連記事 変わる職業観・就職観

 

 


今こそ、三世代コミュニティ

団地のリノベーションが若い世代にも好評だそうです。 ニュータウンと呼ばれた当時とは違い、すっかりライフスタイルも多様化しましたから、団地とはいっても画一的な建物ではなく個性的なところがウケているのでしょうね。 多くの人が許容できるように妥協されたデザインではなく、ある意味、住む人を選んでしまうような個性的な物件というところが、逆に支持されているのかもしれません。

 

同じ年齢層、子育て世代、共通の趣味など、価値観やライフスタイルが似た人が集まるコミュニティというのもわかりやすいです。 また、逆に、三世代コミュニティというのがあってもいいと思いますがいかがでしょうか。 多世代にわたる、さまざまな人生を暮らす人が共存する地域ですね。

三世代コミュニティ

「核家族」というのを、今さら問題視するつもりもありませんが、三世代同居が少なくなった今だからこそ、三世代共存の団地や地域というのも受け入れられるように感じます。 ご近所さんと必要以上に関わりたくないという人もいるとは思いますが、「三世代同居はちょっと……」でも、適度な距離を保てる三世代コミュニティであれば、自分なりに人との関わりを楽しみながら生活することも可能です。

 

地域コミュニティや地元の小学校で、「昔遊び体験」「餅つき」「盆踊り」といったイベントで三世代が交流するというのも増えていますが、イベント性の高い行事というのは継続して開催するためにはそれなりに関わる人の負担も増えるものです。 しかし、そうした場所で顔見知りになっておくということも大切ですね。

「わぁ~、あんた、あそこの子どもか!おっきなったなぁ~!」

「あんた、悪そうなカッコしてるけど、どないしたんや」

「おぉ~、すっかりおねえちゃんになったな~」

近所のおじいちゃんやおばあちゃんとの、ちょっとした会話って、大切だと思いませんか?

少子高齢社会って、こうしたご近所づきあいを見直すきっかけになるように思います。 「子どもは地域の宝」ということもありますが、必要以上に関わるのも考えもの。 普段、当たり前にしていることがちょうどいいのかもしれません。 いろいろなタイプの大人やお年寄りがたくさんいて当たり前。 なかには、ちょっと苦手だったり怖かったりするおじちゃんやおじいちゃんがいることも当たり前。 でも、顔を知っているからこそ、そんなコミュニケーションを学ぶこともできるんですね。 防災・防犯といった面からも、地域コミュニティのつながりは大切です。 通りすがりにちょっと会釈をするような人がたくさんいる、三世代コミュニティって今こそ必要ではないでしょうか。

 

 


たまには「パッと使う」作戦

「世界一高い駅ビル」としてギネス申請を検討しているという、景気のいい話題を提供してくれる大阪「あべのハルカス」は、今年6月の一部先行開業したあとで、2014年春に全面開業の予定です。 昨年の夏に高さ300メートルに達し、横浜ランドマークタワーを抜いて日本一の高層ビルになりましたが、すでに大阪では圧倒的存在感です。

存在感を見せ始めた”第三極”阿倍野・天王寺 あべのハルカス、6月先行開業

東京では、活況を呈しているスカイツリー・ソラマチ、東京駅に続いて、渋谷はヒカリエでしたっけ? そうそう、松坂屋銀座店は今年の6月でいったん営業を終了し、銀座エリア最大規模の複合商業施設に生まれ変わる予定だとか。 長引く不景気をよそに、都心部の再開発ラッシュが続きますね。

“梅田流通戦争”最終局面 グランドフロント大阪開業 ルクアなど固定客確保に全力

阪急うめだ本店の全面開業、意外な苦戦が伝えられていたJR大阪三越伊勢丹も2階部分の改装を検討中、そして、それだけではありません。

阪神百貨店も建て替えへ 26年度にも

まだまだあります、中ノ島ツインタワーですね。 中之島フェスティバルタワーに続く、朝日新聞旧社屋のタワービルも2017年完成見込みと前倒しになったようです。 このタワービルには、あの名門リーガロイヤルホテルも移転を検討しているというニュースもありました。 また、こちらはまだまだ決まったことではありませんが、大阪府と大阪市は、大阪湾の人工島「夢洲」へのカジノ誘致に対して、2013年度予算に調査費を計上する予定だとか。

グランドフロント大阪の話題に戻りますが、今年の春に開業するのはあくまでも商業ゾーンが中心で、全体から見ればまだ一部です。 完成したどんなことになるのか、想像もできません。(汗)

「グランドフロント大阪」が4/26(金)オープン決定!ショップ&レストランのテナント全266点も発表

オフィスの需要はどうなんでしょうか。

近鉄の「本気」が勝る? オフィスの成約率の差、ハルカスVSうめきた

もう、何がなんだか……。(笑)

商店街

一方で、地元商店街は相変わらずです。 たくましく生き残っている商店街もありますが、都心部の商業ゾーンに比べるとさみしいというのには慣れてしまいましたが、これだけ開発ラッシュが続くと、また、さらに二極化してしまうのでしょうか。 身の回りの買い物をするのには、地元商店街も有難いのですが……。

 

ようやく、本題。(笑)

 

日々、節約を心がけていても、「日本初出店!」あの大人気店がいよいよオープン!とか聞くと、財布の紐がゆるんでしまい、あとで後悔ということもあるかもしれませんね。 後悔するなら、最初から逆の思考にしてみればいかがでしょうか。 頑張っている自分へのご褒美として、あらかじめ「予備費」として貯蓄とは別の袋を作っておく。 無計画に散財してしまうよりも、ずっと前向きだと思いませんか? ここぞ!というときに、思い切って「本当に欲しいモノ」を買う。 そしてまた、日々の節約を心がける。 節約も、ストレスばかりを溜めてしまうようでは精神衛生上よくありません。 楽しみながら長く続けられるように、自分に合ったアイデアを駆使して「お金も好循環!」といきたいですよね。

 

あと、身の回りの普段の買い物は、当然、地元のお店でするとして…、少し探せば、ユニークなお店や、スゴイ発見!といった、ゴキゲンなお店が地元で見つかるかもしれません。 通勤時の駅までの往復だけでなく、少しブラブラと歩いてみたり、時間にゆとりをもってご近所探索なども、たまには楽しいですよ。

 

 


生き方にも、多様な選択肢を

最近、イタリアンバールが増えましたね。 気軽に料理とお酒が楽しめるので、気の合う仲間と少人数でワイワイやるにはピッタリです。 一方で、バーもオーセンティックなバーだけではなく、ユニークなお店が増えているようです。

坊主バー、投資バー、鉄バー…大阪で次々開店”超個性派バー”

「坊主バー」っていうよりも、「僧侶バー」くらいにしておいたほうが良いのでは?と思いますが。(笑) 僧侶がホスト役になって話し相手になるって、人生相談のようなものまで含めて、「究極の癒し」のようなものでしょうか。 他にも、多様な趣味嗜好に合わせた、個性的なバーがあるんですね。

 

ライフプラン相談も人生相談のような雰囲気になることが多いのですが、それはお金や資産運用といった視点からのアプローチではなくて、希望する「生き方」「暮らし方」から将来を考えるからです。 「私らしい暮らし」という価値基準が明確になれば、「あの人が、こうだから」とか、「こんな人が、いるから」ということではなく、自分らしい選択肢が見つかります。

大海原

働き方、住まい方、暮らし方、いろいろな場面で選択肢は多いほうがいいのですが、自信を持って「これだ!」と、選ぶためには裏づけが必要です。 「長い人生、将来のことなんて」と考えていては進みません。 将来の暮らしについて、具体的に考えてみてはいかがでしょうか。 具体的な目標や希望には、経済的裏付けが必要です。 予算や資金繰りといったことまで含めて、ライフプランを考えることって特別なことでもありません。

 

 


ひとりぼっちが嫌でレンタルフレンド?

読売新聞の電子版に、便利屋さんのレンタルフレンド(友達代行)というサービスがあって、利用者がそこそこいるという話題が掲載されていました。 「行きたい場所があるけれども、一緒に行く相手が居ない」というニーズがあれば、そんなサービスが生まれるのも時代でしょうか。 それに、友達が居ない人が友達代行のサービスを利用することによって、友達づくりのきっかけが生まれたりすることがあるとすれば、「そんなことまでお金で解決するの?」と、否定ばかりしていられないのかもしれません。

 

結婚後の生活設計についてがきっかけでお越しになった、20代のある若い新婚さんのご相談のとき、お子さんについての話題になったときに、「子どもは欲しいけれども、ニートや引きこもりになったらどうしよう」という反応があって驚いたことがあります。 今では、ニートや引きこもりといったことも、それくらい普通?になったということでしょうか。 冒頭の記事でも、大学生の不登校が増えていることが紹介されていましたが、ニートや引きこもりの問題については、すでに10代や学生だけの問題ではなく、30代や40代といった世代まで広がっているのが現実です。 本当に「ひきこもり」になってしまった場合、一歩を踏み出すのは並大抵のことではないと聞きます。

行き交う人々

私自身、ライフプランを専門にした仕事をしている関係もあって、10代の子どもたちを対象にした次世代育成支援活動を行うNPO法人と、大人を対象にしたまちづくり活動や異業種交流・婚活支援を展開しているNPO法人で活動していますが、そうした活動を通じて感じるのがコミュニケーションスキルです。 とはいっても、それも個性ですから、他人とのコミュニケーションが得意な人がいる一方で、苦手な人もいるというのも当たり前のこと。 人それぞれで構わないのですが、要は「バランス」ということのように思います。

 

私も、NPOでそんな活動をしているからといって、知らない人とのコミュニケーションが得意なわけでもなんでもありません。 仕事関係や地域でも、交流会とかはどちらかというと苦手なほうです。 無理のない範囲で続けているうちに、なんとなく慣れてきたという感じでしょうか。 「少しくらいガマンを強いられることがあっても、続けているうちに楽しいことだってあるさ」と、肩の力を少し抜いて動き始めることができればいいですね。

 

 


30歳の成人式

「第二成人式」という言葉を聞いたのは2~3年ほど前のことだったでしょうか。 被選挙権を得る25歳に、まちづくりや政治への参加意識を高めようという趣旨だったと記憶しています。 そして、今度は、「30歳の成人式」が開催され始めているようです。 20歳の成人式と同じように、日本全国で毎年行われることをゴールにしているとか。 いわゆる県人会の若手バージョンとか、成人式の同窓会のようなイメージで楽しそうです。

 

社会人になって10年近くも経てば、それなりにいろいろな問題とかストレスを抱えていることも多いかもしれません。 最近は、女子も総合職が当たり前のようですし、地元を離れた職場に勤めて、なかなか思うように実家に帰れなかったりということも多いようです。 堅苦しい「式典」というよりも、気軽に参加できるパーティー? いや、今だと 「街コン」ならぬ「街同窓会」のようなイメージでしょうか。

パーティー

今後の人口動態は混沌としていますが、地方都市にとってみればUターン転職や、家業を継ぐために実家に戻るとかも働き手の確保や地域活性化としての意味もあるでしょうし、「30歳の成人式」というのが定着すれば、効果があるのかもしれませんね。 生まれ育った地元に戻り、同じ年令の同級生と仕事を離れた立場で交流するというのは、いろいろな面で「刺激」や「癒し」になりそうですから。

 

「20歳はまだまだ子ども、30歳でようやく大人」という説も一部ではあるようですが、今では高校はもちろん、中学生のうちから将来の進路について絞り込んでいくようなことが求められる時代です。 本当に自分のやりたい事を見つけるって、30歳くらいからなのかもしれませんし、もしかしたら長い人生の間でのターニングポイントになるかもです。

 

私が金銭教育活動を行っているNPO法人では、子ども対象の「親子おこづかいゲーム」のなかで、保護者向けに、「自立」と「自律」というメッセージを伝えています。 簡単に言ってしまうと、「精神的自律」と「経済的自立」です。 子どもが20歳、30歳という節目を迎えるときに、親も子離れできているのか考えてみたいですね。 「子育ては親育て」という言葉もありますから。

 

 


老後は、毎日が日曜日で悠々自適?

老後は、毎日が日曜日みたいなもので「悠々自適な生活」って憧れた時代も過去のものになったのでしょうか。 悠々自適な生活というのにも生活の基礎となる収入面での裏づけが必要ですが、肝心の年金に対する信頼性が揺らいでしまっては不安ですね。 「定年を迎えてもまだまだ元気、これまで時間がないためにあきらめてきたたくさんの趣味やスポーツなど、思いっきり楽しみたいな」という活発な夫がいる一方で、「仕事があるなら、元気な間はずっと外で働いて欲しい」という妻も多いのが現実です。

 

定年で退職した人たちの多くが自分たちの欲していたものは長期休暇だったことを知る

 

「悠々自適」=「贅沢」ということでもないはずですし、「自由な時間」を贅沢だと感じる人もいれば、「潤沢なお金」こそ贅沢だと感じる人もいるでしょう。 いずれにしても、それぞれのライフスタイルということになってきそうですが、住宅ローンの返済や教育費用の負担から解き放たれた老後の生活設計ですから、「自分らしい暮らし」を送りたいというのは誰しも共通の願いなのかもしれません。

自分らしい老後の暮らし方

老後や定年とはいっても、これからの時代は、それまでの生活をリセットして全く違った第二の人生がスタートするというよりも、 少しずつ時間をかけて第二の人生に移っていくというイメージのほうが近いようですね。 現役時代よりも年収は大幅に少なくなるが、その分、自分の時間が増え、自分らしい暮らし、地域住民として地元に溶け込んでで過ごすことが増えるというのも「贅沢」だと思いますがいかがでしょうか。

 

関連記事 心地よい「居場所」を準備する

 

 


自分らしいお金の使い方

初売りで人気の「福袋」も、ますます過熱しています。 初詣と同じように、初売りの行列もすっかりお正月の定番となりました。 動物園飼育、横綱白鵬に会える…など”体験型”福袋が人気 関西の初売り

初詣

いえ、過熱しているというよりも、多様化する消費者ニーズに対して、涙ぐましい努力の成果ということでしょうか。 根強い節約志向の一方で、「こだわり消費」にも注目が集まっています。 「価格が安くなければ売れない」という消費とは対極ですが、「高くても本当に価値があるものは売れる」という消費スタイルですね。 「自分らしさ」をキーワードにした価値基準により、商品の選択も多面的になり、購買行動も自立しているということでしょう。

 

「節約ばかりでストレスが溜まり、数ヶ月後には散財してしまった」

 

というのは、よくある話です。 余計なストレスを溜めないためには、財布の紐を「締める」ところと「緩める」ところ、緩急というのは必要だと思いますが、それは長期的な家計管理にも当てはまります。 自分らしいライフスタイルを実現するために必要な、予算面からのアプローチですね。 将来実現したいライフイベントについての予算を考えると目標設定ができます。 そこから逆算して日々の家計管理に生かしていくと、お金の使い方にも緩急をつけることができます。

 

自分らしいライフスタイルを実現するための長期的な展望がはっきりしていれば、「欲しいモノ」と「必要なモノ」の区別ができ、お金を使う場合の優先順位を考えることができるようになります。 お金の使い方にメリハリをつけて、「本当に欲しいモノ」を確実に手に入れるようにしたいですね。