短期的な問題と、長期的な課題

悲願達成!のニュースです。
待機児童3年で「ゼロ」に 人材確保など課題も 横浜市 毎日jp

待機児童数全国最多から、わずか3年間でゼロになったわけですから、「やれば、できるやん」ということで、同じような状況を抱える他の自治体へのプレッシャーとなるのでしょうか。

ということで、私としては、「各自治体は横浜市にすぐに習うべきだ」という立場です。

もちろん、こうしたニュースが流れると、「サービスの水準をどのように維持するのか」「保育士の不足が懸念される」「近い将来、定員割れするのでは」といった声も聞こえてきそうですが、「んなことばかり言っているから、いつまでたっても待機児童の問題が解消しない」とも感じますし、「どちらが問題として大きいか、緊急性が高いか」という視点が必要でしょうね。

少子化対策

 

夫婦共働き世帯のご相談の際、ときどき気になることがあります。 前提としては、「もうすぐ子どもを…、と考えている」そして、「住まいの購入も、そろそろ…」というのが重なったケースです。 子どもが産まれてすぐに、教育費用のことを考えて、「早めに準備をしなければ」と学資保険を契約することも多いでしょう。 最近ではそうした場合に、いわゆる学資保険や子ども保険ではなく、低解約返戻タイプの終身保険を勧められることも多いようですね。 低金利時代が続き、「銀行預金よりも有利だし」と頑張って貯蓄しよう!と契約した保険料が、それほど時間が経たない間に家計への負担となってしまうこともあります。

 

産休や育休中の収入減、保育料の負担といった、少し先の家計の様子を考えたときに、住宅購入といった大きなイベントも含めて教育資金の積み立ても考える必要があります。 「学資保険」といった目的を考えるには、「今だと、月々いくらくらいなら貯められる」という短期的な状況判断だけでは不足します。 「いつごろ」「どんなお金が」「どのように」必要になってくるのか? また、その頃、わが家の家計の様子は? というように、具体的に将来の家計を俯瞰しておくことが必要です。 有利だと思って始めた教育費の準備が、家計の重荷になってしまわないように、長期的な家計分析は大切です。

 

 


大切なのは、保険と貯蓄とのバランス

「保険を見直して、家計の節約を!」というのをあちこちで見かけますが、収入ダウンが続く時代であっても生命保険の世帯加入率は減少していないというニュース。

年収300万円未満でも保険加入率79.8% 格差時代の「リスク回避術」 J-CAST会社ウォッチ

正確には、「収入が少ないのに…」ではなくて、「十分な貯蓄がないのに…」ということだと思いますが、だからこそ上手に保険を活用するべきです。

つまり、私の場合には、「何があるかわからない。保険には必ず入っておくべき」という考え方です。

ただし、このニュースの背景にある調査結果については、注意深く読んでみる必要があります。 「保険に加入している」といっても、その「保険」が、死亡保険なのか医療保険やがん保険なのか、年金保険なのか、詳細についてはわかりません。 また「世帯加入率」や「世帯主」というのも曖昧ですし、そもそも、家族構成なども含めると、実際の加入状況については「意外にばらつきが多いだろう」と考えられるからです。 調査結果を参考にすること自体に問題はありませんが、「わが家にとって」という目線で、保障の目的ごとに必要性や優先順位を整理してみることが大切です。

 

保険は、「リスクの回避」ではなく、「リスクの転嫁」です。 精神的損失をカバーすることはできませんが、経済的損失をカバーすることは可能です。 ただし、期待するすべてをカバーすることは難しいですから、目的ごとの優先順位を考えることが重要になってくるんですね。 「何があるかわからない、保険には必ず入っておきべき」ですが、目的をはっきりとさせてから、保険料負担が家計を脅かすことのないように適切な範囲で保険を利用するようにしたいものです。

入院

 

冒頭のニュースでは、「経済的理由で最善の病気治療が受けられないのは心細い」とあります。 健康保険の対象外になっている高度先進医療のことを指しているようですが、確かに、民間の医療保険等で一般的になってきた「先進医療特約」は、「保険らしい」保障だと思います。 保障の対象が狭い範囲に絞られているので、「ダメージは大きいが、リスクとしては顕在化する可能性が低く、その分、保険料負担も小さい」と言えますから、保険の目的なんかを考えるという意味では、わかりやすいものになっていますね。

 

収入が少なく、まだ十分な貯蓄ができていないために、「何かあったときのために保険を」というのは正解ですが、いつまでも保険に頼る(つまり、保険料を負担し続ける)ことのないように、「収入を増やす・貯蓄を増やす」という努力は必要です。 家計にとって重大なダメージが生じたときのリスクを転嫁してくれる保険は大切ですが、保険料負担が長期的な家計にとってダメージとなってしまわないように、保険と貯蓄のバランスを考えておきたいですね。

 

 


「親子でお金の話」は、タブーではない

日頃の家計相談の内容から、「家計に占める、教育費の重さ」について考えさせられることもよくあります。 もちろん、わが家も同じですが。(汗)

教育格差、6割が「容認」 朝日新聞・ベネッセ共同調査 朝日新聞デジタル

学校教育費への投資は頭打ちになったようですが、そうしたことも含めて「教育格差」は広がっていると考えたほうがよさそうですね。 理想と現実とのギャップということはありますが、私としては……

「親の収入に応じた教育になるのはやむを得ない」という立場です。

子どもの教育費を投資と考えるのであれば、リスクを伴ったリターンを求めているということにもなりそうですが、「できるだけのことはしてあげたい」と考えるのも親というものではないでしょうか。 そうしたなかで、教育格差が生まれてしまうことも、現実としては受け入れざるを得ないという判断が働くのもムリはないと思います。 一方で、奨学金の申請が増え、さらには奨学金返済に苦しむケースも増えているという現実もあります。 格差社会と呼んでしまうことは簡単ですが、世の中、複雑ですね。(汗)

教育進路

 

親の想いとは別に、思春期の子どもについてはいろいろと難しいものです。 「反抗期」といっても、子どもによって様々ですし、それぞれの家庭によって考える問題でしょうね。 でも、だからこそ、誰もが均等な教育を受けられる社会を…、という考え方もあるのかもしれませんが、社会に出れば、それはまた多くの難問に遭遇するものです。 年齢に応じて、挫折や成功といった経験をすることは必要ではないでしょうか。 「わが家の家計」についても、子どもが理解できる年齢になれば、一緒に話し合うことも大切でしょう。 「お金は大切だが、それが全てではない」という当たり前のことを、当たり前に理解できるように「家庭」で教育しておきたいですね。

 

 


情報収集能力も、情報処理能力も、どちらも大切

情報格差を解消するための新聞……

タブーなしの報道めざす『発禁新聞』がはじまる レイバーネット

デジタル時代の情報格差をなくす試みということですが、ラジオ・テレビ欄にはインターネット局の番組が紹介されている……、ハテ……。

ま、そのあたりはわかりませんが、情報は、「たくさん持っている方が便利で幸せだ」という考え方に賛成です。

高度に情報化された社会、だまっていても氾濫する情報は襲ってきます。 「情報なんて、たくさんあればいいってものじゃ」という考え方もわかりますが、ぼう大な情報をどのように利用するのかは個人の自由です。 溢れる情報を整理し、自分なりの解釈で判断するクセをつけることも必要だとは思いますが……。

氾濫する情報

 

資産運用の世界でも、「貯蓄から投資へ」という流れは収まることはなく、政策的支援もあって、より大きなうねりとなっています。 特に、「長期投資」や「分散投資」についての情報は「一方的なダダ漏れ状態」のようにも感じます。 いろいろな立場で発信される情報を能動的に収集し、自分自身の考え方でしっかりと整理するクセをつけておかないと、情報に流されるまま大きく方向性を誤ってしまうこともあります。 ライフプランやライフスタイルを確立して、自分目線で情報を上手に処理していきましょうね。

 

 


働き方も、ライフプランとして考える

まさに、「生き方・暮らし方」というライフプランを考えるときの重大なテーマです。

「出世して、子供も産め?!」”働き方強要社会”に疲弊する女性たち 日経ビジネスオンライン

もちろん、私の場合は、「女性が育児をがんばれるような施策はどんどんやるべき」という立場です。 働き方の選択肢は多いほうがいいに決まっています。 ずべてのニーズに応えられるかどうかは別にして、冒頭のニュースにあるような精神論ではなく、出産しても働き続けるための環境整備は、まだまだ不足していると考えているからです。

そういう意味では、「男性がもっと育児に参加できるような施策を打つべき」という考え方もアリ。(笑) 余裕のある大企業のための施策であったとしても、可能であれば、思い切って導入を進めてもらいたいものです。

働きやすい職場

 

ニュース記事には、「ライフキャリアレインボー」についても触れているようですが、その考え方には私も共感しています。 キャリアとは、様々な「役割り」の組み合わせであって、人それぞれ違って当然です。 「んなもん、働いてお金を稼がないと、生活でけへんやん」というように、「収入」や「お金」という部分だけにとらわれずに、自分自身の「役割り」について、少し広い目線で俯瞰してみてはいかがでしょうか。

 

「職業人」という役割りが自分のなかで90%を占めていて、「ちょっとしんどいかも」というときには、「家庭人」「市民」「趣味人」などの役割りについてのシェアを高めるのもいいですよね。 職場では、いろいろと難しいこともあるでしょう。 自分らしさを失わないように、自分自身を肯定することも必要ですし、さらには、他人を肯定することも大切です。 格差、格差と、必要以上に踊らされるのも考えものですよ。

 

 


「共有」と「所有」のバランス

「共有型経済」が硬直化した市場の活性化に貢献しているというニュースです。

共有型経済ーなぜ「くまモン」は人気になったのか Yahoo!ニュースBUSINESSより

「共有できるものは共有したほうがいい」という考え方に賛成です。

「くまモン」の大ヒットのような、「共有型」キャラクターというのも特徴的な出来事なのかもしれませんが、オフィスシェアやルームシェアについては、昔からありますよね。 また、カーシェアリングなども含めて、「シェアする」というマーケットは、厳しい時代背景が長らく続いたことによる「価値観」の変化や多様化の影響もあって、これからも成長していくような気がします。

ただし、何でもかんでも、「共有」というのでは、家計の「節約」と同じで、「所有したい」という欲望を排除してしまうような「寂しさ」を感じてしまうのは、私だけではないでしょう。 「共有」で構わないと感じるものは「共有」する。 しかし、「所有」したいと願うものは確実に「手に入れる」というのが、日々の暮らしや、将来の暮らしにとって励みになるのではないでしょうか。

高級ブランド

 

「欲しいモノ」と「必要なモノ」の違いを考えてお金を使うことは大切ですが、価値観というのはひとそれぞれです。 長期的な家計の裏づけを大きく逸脱しないのであれば、単純に「欲しいモノ」まであきらめることはありません。 「欲しいモノを手に入れるために頑張る」「頑張った自分にご褒美」というのが必要なタイミングもあるでしょう。 家計管理という切り口だけでなく、「自分らしい暮らし」という面からも、「共有」と「所有」をうまくコントロールして、バランスの良い生活をしたいものです。

 

 


クールビズは手段であって、目的ではない

クールビズに、スーパークールビズ、暑がり・汗かきの私は大賛成です。

クールビズ始まる 省エネ、温暖化対策 今年も1ヶ月前倒し msn産経ニュース

なので、もちろん「クールビズは引き続き、やるべき」という考えです。

クールビズって、地球温暖化対策の一環として、「職場の室温を28℃に設定しても快適に」というのがきっかけだったのですが、そうでなくても、日本の夏は会社員のスーツ姿には暑すぎでしたから。 職場内もそうですが、外回りの営業マンが上着にネクタイを強いられるなんて、ここ数年の猛暑は拷問といえるほどではないでしょうか。

猛暑

 

クールビズも、公的機関や金融機関が積極的に導入したことで、幅広い業種にも浸透してきましたし、また、メーカーの努力もあってか、ファッションとしてもおしゃれでカッコいいものになってきました。(昔の省エネルックの批判ではありません)(笑) いろいろと選択肢が増えることが消費にもつながるんですね~。 アロハシャツはムリでも、ポロシャツくらいには挑戦してみたいな~、って個人的には考えたりしますが、私も含めて、それぞれの仕事の内容に応じて自由に考えてみてもいいのではないでしょうか。 「ネクタイを締めたほうが、気分的にもキリッとする」ということもあるかもしれませんが、とにかく日本の夏は熱い、蒸し暑い。 もともとスーツが向いているような気候ではありません。

 

さらに、つけ加えれば、室温28℃の設定努力が必要なのは理解できますが、外から戻ってきた営業マンや、来店したお客さんの汗が引かない。(特に私の場合?)(笑) できれば、環境問題やエネルギー問題の解決についての方向性が早期に見つかり、少しでも今の状態が緩和されるように強く、強く、願いますし、それが本題だと考えますが、いかがでしょうか。

 


ズバリ!ライフプランを考える

ライフプランを考えることの大切さを、いつも書いている、このブログですから……

政府、10代から「女性手帳」導入 骨太の方針で調整 何歳で妊娠? 人生設計考えて msn産経ニュース

「女性手帳、よいと思う。女性はもっと身体のことを知るべき」と、強く賛成する立場です。

女性だけではなく、男性も読めるような内容にして、男女とも一斉に配るくらいでもいいのではないでしょうか。 もちろん、「少子化対策」のもとに予算を配分するわけですから、あまり大風呂敷になってもいけませんが、「子どもをもつ」ということについては、女性だけではなく、男性も一緒になって考えておくべきだと感じるからです。

子育て

 

晩婚化、晩産化の影響は、出産のリスクについてだけではなく、ライフプランについても大きなものとなります。 結婚する・しない、子どもをもつ・もたない、という選択肢については、早いうちから考えておく必要があります。 ライフプランのなかでも、「家を買う」「子どもを育てる」というのは、長期的に大きな支出を伴うイベントですから、じっくりと時間をかけた家計管理が有利になるからです。

 

子どもの教育について、大学卒業まで考えるのであれば、最短でも22年かかります。 住宅ローンの返済期間も30年から35年というのが一般的になっています。 晩婚・晩産となれば、大きな支出が短い期間に集中することになってしまいます。 「子どもが欲しいのになかなかできない」という人にプレッシャーを与えることばかりになってもいけませんが、将来、希望する幅広い「生き方・暮らし方」を考えるきっかけとして、「女性手帳」に期待したいですね。せっかくですから、高校卒業時とか、成人の日の式典とかで男女一斉に配布できるような出来上がりを期待しています。

 

 


将来、本当にやりたいことは何ですか?

ヤフーが、最長1年間の休暇を取得できる制度を検討しているようです。 さすがに有給休暇とはいかないようですが、休暇中の過ごし方は自由とのことで、休暇後の退職・起業もアリとか。

こうした制度の導入ですが、「仕事の糧になるはず。長すぎることはない」と思いますね。

「自由に長期休暇を」と言われると、私なんて、もう何年もまとまった休みをとっていませんから、「海外のリゾートへ…」くらいしか思いつきませんが、有給休暇ではありませんからね~。(笑) もちろん、検討中の制度の対象となる社員の基準って、いくつも考えられると思いますが、気になりますね。

リゾート

 

十分なキャリアを積んだあと、将来のライフプランについてあらためて「じっくりと考えてみる時間」ということであれば、とても贅沢なことだと思います。 自分自身の人生、将来、本当にやりたいことって、色々な壁があると勝手に考え、年齢を重ねているうちに自然とあきらめていませんか?  一週間の有給休暇くらいでは、本当に仕事をリセットするのも難しいものですが、半年なり一年という期間であれば、完全に仕事から離れることも可能でしょう。 第二の人生を踏み出す機会ということだけではなく、一度、自分自身の人生のたな卸しをして、将来について仕事のことはもちろん、自身や家族の暮らしについて考えてみるチャンスですね。

 

「景気が……」「取引先が……」「上司が……」とか、「収入が……」「お金が……」とか、

 

とりあえず、本当にやりたいことを妨げているモノをリセットしてみて、もう一度考えてみるには、「強制的な長期休暇」くらいはあったほうが、長い人生には必要だと思いますが、いかがでしょうか。 とはいっても、突然、「来月から1年間の長期休暇をとっても良いよ」なんて言われても、「何をやっていいのかわからない」という人がほとんどでしょうから、将来のことって、たまには「本気で」考えておきたいですよね。

 

 


「もういいやんか」は、許される?

いえ、なにかと悪い方面で話題になってしまう、大阪市交通局のニュースです。

「もういいやんか」大阪市交通局助役ら、駅構内で喫煙 イザ!

職場での禁煙ルールですが、「今のご時勢、妥当だ」と考える、愛煙家の私です。(汗)

ただし、このニュースに関しては、禁煙ルールが良いとか悪いとかではなくて、単純に「気の緩み」ではないでしょうか。 処分された本人たちも「安易な気持ちで…」と認めていますが、代償は大きなものになりましたね。 職員はもちろんですが、地下鉄の利用者だって、そもそも構内で喫煙できる場所なんて無いものとしてあきらめているわけですから。

禁煙

 

家計においても、節約や貯蓄のためのルールやアイデアはいくつもあります。 500円硬貨を手に入れたら、一切使わないように課す「500円玉貯金」もそうですが、私が過去にご相談者から聞いたことがあるのものに、スーパーでの買い物では「500円以上の商品を無視する」というのもありました。 最初から500円以上の値札がついているものは無視するわけですから、「ガマンする」という感覚がなく、あまりストレスにならないということでした。

 

節約や貯蓄を継続するには「目標」が大切ですが、モチベーションを維持するためには、「辛い」と感じるよりも、「楽しい」と感じるための工夫も必要ですね。 同じ規則でも、「禁煙ルール」と呼ぶよりも「喫煙ルール」のほうが優しいように思いますが、結果は同じでしょうか。 家計の場合には、処分されることはありませんから、たまには、「もういいやんか」でも構いません。 ただし、「緩みっぱなし」にはならないように。