世代間賃金配分が家計を直撃?

アベノミクスによる、今後の企業業績回復期待ムードもありますが、春闘については引き続き厳しい展開が予想されています。 特に、再雇用を理由にした賃金抑制の動きについては注目が集まっているところです。

【春闘】バブル世代がコストカット対象? シニア雇用延長で世代間の賃金配分焦点に

「大量採用された40歳代後半のバブル世代がコストカットの主な対象になる」というのが現実になれば、教育費の負担が最も大きい世代にとって、家計への影響が大きなものになりそうです。 もともと、子どもが大学進学を迎える時期には、家計の年間収支が赤字になることも多く、そのために子どもが小さい間から貯蓄をして備えておくというイメージが一般的です。

教育費からみた家計のイメージ

このグラフは、2人の子どもの教育進路によって、将来の貯蓄残高推移にどのような影響があるのか比較してみたものです。 一番貯蓄残高が多く推移する、上のブルーは大学のみ私立(文系自宅通学)、ピンクは中学~大学まで私立、オレンジが小学校から大学まで私立として試算したものです。 ここでは収入や支出についての具体的な金額は関係なく、単純に教育費負担についてのイメージを確認するためだけに作成したものです。

 

赤い丸印で囲んだ、(1)が「貯める時期」だとすると、教育費の負担が大きくなって貯蓄を取り崩す(年間の家計が赤字になり貯蓄残高が減少している)(2)が「使う時期」ということがはっきりとわかります。 そして、ずっと先のことだからと、なかなか具体的なイメージを持てない(3)ですが、退職金をもらった時期が貯蓄残高のピークとなったあと、長く続く退職後のライフスタイルに大きな影響を与えます。

 

40代後半の世代について収入が「伸びない・減る」ということは、「貯める時期」に思ったように貯められなくなる可能性が高く、そうでなくても教育費の負担が重くのしかかる家計へのダメージが心配です。 晩婚化や晩産化によって、しっかりと貯蓄で準備できる期間が短くなる傾向もありますから、「まだ早いかな」とノンビリしていられる時代ではどうもなさそうです。 デフレ脱却については、大いに政府に期待したいところですが、家計においては引き続き自衛のためにも「貯める時期」の努力が必要です。

 

 


子育ては親育て

「過保護」や「過干渉」に対して、「放任主義」というのもあります。 親子関係の適度な距離感というのは、それぞれの家庭によって違うものだとは思いますが、親だっていろいろと悩み考えながら子育てをしているものです。 大学の入学式だけじゃなく、卒業式にも両親や祖父母が出席するようになって、大学側が会場の確保に奔走するようになっているとも聞きます。 大学の卒業式に出席するのが過干渉だとも思いませんが、大学を卒業して社会人ともなれば、もう一人前の大人です。 そんな中、就活最前線の厳しい現実を知り、心配で仕方ないのはわかりますが……

【プロが教える就活最前線】親の過剰な就活サポート その結果は… 

「かわいい子には旅をさせよ」という諺がありますが、子どもに合わせた適度な距離を保ちながら見守るためには、親にも辛抱が必要ですね。

親子

 

私が活動しているNPO法人で行っている金銭教育プログラムでも、子どもの主体性を養うことを盛り込んでいます。 子どもの年令や個性に合わせて、与えるお金の額と買っていいものの範囲を決め、あとは全てを任せたうえで様子を見るというものです。 使ったあとで、「あ~、こんなもの買わなければよかった~」とか、「ガマンして貯めたから欲しかったものが買えた」といった小さな経験の積み重ねから、子ども自身が学ぶことが大切だと考えるからです。 親としても、「もったいないから、買いません!」「また、そんなムダ遣いして!」と、イライラから開放されますね。(笑)

 

「子育ては親育て」とも言いますが、子育てを経験しながら親も育つというのは、そのとおりだと思います。 自分の子どもが可愛くない親なんていないと思いますが、子どもの「自立」や「自律」を願わない親もいないと思います。 子どもとの「適度な距離感」、考えてみたいですね。

 

 


知ったらしまい

「知ったらしまい」、「しまい」は「終い」とか「仕舞い」と書く場合もありますが、いわゆる「相場の格言」です。

出版界にも「アベノミクス」効果 マネー誌に思わぬ”特需”  産経新聞

実際、「会社四季報」(東洋経済新報社)が在庫切れとなり、「日経会社情報」(日本経済新聞社)の売れ行きも好調とのことです。 アベノミクスと言われる今の状況を「バブル」だと解説する人もいるようですが、今はまだ「期待で動いている」状態。 冒頭の「知ったらしまい」というところまでにも、まだまだ遠いような気がします。

株式市場

 

出版界にも特需ということですが、変化が表れたのはマネー専門誌です。 電車の中吊り広告を見ていてもよくわかるのですが、一般の週刊誌や、経済とは無縁の雑誌の見出しにまで、「今こそ株式投資で儲けよう」とか、「株式投資で一攫千金」とかの見出しが目立つようになれば要注意かもしれませんね。 残念ながら(?)、今はまだそこまでは……。(汗)

 

相場の格言で、ひとつ私が好きなものをご紹介します。

「強気相場は、悲観の中で生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成長し、幸福の中で消えていく」

深いですよね。(笑)

ちなにみ、干支に関した相場格言もあります。 今年は「巳年」ですが……

「辰巳天井」や、「戌亥の借金、辰己で返せ」が代表的です。

格言のように、今年は目先の天井、つまり強い相場となるのでしょうか?

「辰巳天井」の格言にはまだ先があり……

「辰巳天井、午しり下がり、未辛抱、申酉騒ぐ。戌は笑い、亥固まる、子は繁栄、丑はつまづき、寅(とら)千里を走り、卯(うさぎ)は跳ねる」

株式投資に限らず、投資や運用は「心理戦」という側面もありますから、昔からこうした格言が投資家の心理状態を表すものとして語りつがれてきたんでしょうね。 もちろん、「辰巳天井」だからといって、今年必ず目先の天井になるのかどうか、それはわかりませんからね。(笑)

 

 

 


金銭教育を超越した存在

鳩山家の相続によって、またしても桁外れな生前贈与が話題になっています。

鳩山家ゴッドマザー安子さん死去!生前に由紀夫・邦夫兄弟に42億円ずつ贈与

贈与税はもちろんですが、「相続税ってどれくらいの金額になるんだろう」とか、「相続税対策としてのメリット・デメリットはどうなんだ」とか、いろいろと想像することもある意味楽しいものなのですが、もう一つのアプローチがあります。 大富豪や大資産家のお金に対する価値観とか金銭に対する教育方針ですね。 歴史のある欧米の資産家は、子どもへの財産移転の前にしっかりとした教育をし、相続が発生したからといって安易に「放蕩息子」を生まないための知恵があると聞きます。

 

セレブ

 

私が活動しているNPO法人でも、金銭教育プログラムとして「親子おこづかいゲーム」というのを使って活動していますが、そこでは子どもはもちろん、親子のお金に対する価値観や、お金を使ったコミュニケーションを大切に考えています。 「欲しいモノ」と「必要なモノ」の違いを考えてお金を使うことや、お金ですべてが買えるわけではないこと、お金よりも大切なモノがあること、などについて家族で話し合えるきっかけを提供できればと考えてプログラムを続けています。

 

日本では欧米のような大富豪が育たないとも言われますが、逆に、われわれ一般家庭から見れば「お金持ち」といっても桁外れのレベルです、当たり前のことが当たり前じゃない世界、興味本位で覗いてみるくらいでちょうどいいのかもしれませんね。 われわれには理解できない複雑な事情が絡んでいることでしょう。

 

 


ペコちゃんの復活

バレンタインデーが終わると次はホワイトデーと甘~いイベントが続きますが、女の子がいる家庭ではその前に、お雛さまがやってきますね。 ひな祭りのお菓子といえば「ひし餅」と「ひなあられ」が定番です。 同じように端午の節句であれば「ちまき」と「柏餅」ですが、小さいお子さんがいらっしゃる家庭では、デコレーションケーキというケースも増えているようですね。 小さな子どもだけじゃなくて、大人も含めてこうしたイベントは楽しいものですし、ちょっと奮発したお菓子など、便乗してみるのもアリだと思います。

 

私が普段、仕事をしている宝塚市の逆瀬川界隈には、徒歩圏内にケーキ屋さんが7軒、和菓子屋さんが3軒、パン屋さんも多いのですが、こうした季節ごとの工夫(競争?)も感じられて楽しいものです。 ライフプランラボのオフィスの階下にはコンビニがあるのですが、コンビニの季節商品を見ているとクリスマスやバレンタインデーもそうでしたが、かなり早めに季節感を先取りできますね。 早すぎるような気もしますが……。(笑) そんなコンビニで、ペコちゃんシリーズのスイーツを見かけるようになったのはいつ頃だったでしょうか。 特に気にしたこともありませんでしが、こんな事情があったんですね~。

不二家、”どん底”からの復活 東洋経済オンライン

6年前の不祥事で、一時はどうなることかと思っていた不二家の洋菓子店ですが、ここ数年はご近所さんの間でも評判がよいのです。 そしてインパクトがあったのは数年前の「ミルキークリームロール」だったのではないでしょうか。ミルキースイーツシリーズはその後も種類が増えていますし、ペコちゃん・ポコちゃんもどんどん露出の機会が増えています。 ちなみに、不二家の人気クッキー「カントリーマアム」もロールケーキになったり、アイスクリームになったりと進化しています。(やけに詳しいというツッコミは不要です)(笑)

不二家数寄屋橋店

不祥事をきっかけにして老舗企業が市場から去っていくという例は多いのですが、それは消費者の選別が厳しくなったということでしょうし、いろいろな意味で魅力のある商品やサービスを提供し続けられる企業でなくては生き残れない時代ということですね。 不二家の場合には、スポンサー企業との提携、販路の拡大、新商品の開発といった展開が順調だったということですが、完全復活まであと一歩ということで応援したい気持ちになります。

 

さて、一般家庭でも、突然のリストラによる解雇で収入が途絶えるような「どん底」を経験してしまうこともある時代。 大企業でもなかなか難しい「どん底からの復活」の可能性はあるのでしょうか。 それまでのスキル・経験を生かして再就職に成功するだけではなく、収入も大幅増なんていうのも一般的には難しいものでしょうし、年収や待遇に贅沢なんか言っていられない、とにかく再就職できるかどうかという状況が多いのかもしれません。 思い切って、家計のキャッシュフローを改善し、身軽で筋肉質な家計に切り替えることができれば、再就職後の収入が期待したほどじゃなくても、収支が大幅に反転することだってあるかもしれません。 「不要なモノは持たない」とまで割り切れなかったモノでも、「持たないほうが楽」っていうことってありませんか? 一度、考えてみたいですね。

 

余談ですが、「リストラ」っていう言葉は、この記事でもそうですが「合理化」「解雇」などを指して使われることが一般的ですが、本来の意味は「事業の再構築」だったはず。 「クビになった」というよりも、ずっと前向きな言葉だっので、少し残念な気がするのは私だけでしょうか。(笑)

 

 


市場で経験値を上げて戦闘力アップ

インターネットショッピングに関する調査結果によると、過去1年間に1度でもネットショッピングをしたことがある人は9割にも達していることが明らかになったようです。 インターネットショッピングを利用する理由として、1位が「外出しなくても買い物ができる」ということですが、2位以降もなるほどと思える、ネットショッピングの特徴が現れています。 もちろん、忙しくて買い物にかける時間がないというのも昔からありそうですが、インターネットの普及に伴って買い物のスタイルも大きく変わってきましたね。

市場

 

もちろん、ネットショッピングを利用している人が、すべての買い物をネット通販などで済ましているわけでもないとは思いますが、昔ながらの商店街などの対面販売の楽しさやメリットが失われる一方だとすると気になります。 関西で言うところの「勉強しまっせ~」という値段交渉や、食材の美味しい調理法を伝授したりといったコミュニケーションに関しては、対面販売に勝るものはないでしょう。

 

特に学生さんとかは、ネットショッピングやコンビニで普段の買い物を済ませてしまうことも多いと思いますが、コンビニでの買い物でもネットショッピングと同じように、一言も言葉を発しないままで買い物を完結してしまうことが可能です。 ファミリーレストランやファーストフードのマニュアル対応とは正反対になりますが、昔ながらの市場での買い物を積極的に楽しめば、一種のコミュニケーションスキルアップになるかもしれないのに……。 日々の生活に、全く知らない人との接触をもっともっと増やしながら、コミュニケーションの経験値をアップして、厳しい就活戦線をたくましく戦い抜こう!というのは大袈裟でしょうか。

 

 


私も2台持ちなんです

スマートフォンと携帯電話の話題なんですが、私はずっと長い間(約15年間)、ウィルコムを愛用していたのですが、途中からの10年はスマホになって3台ほど機種変更してきました。 昨年からWindowsMobileとおさらばし、いろいろと考えた結果、2台持ちすることにしました。

「スマホ使いづらい」 ガラケー健在・・・簡単機能・料金安さ魅力

2台持ちにすることになった最大の理由としては、料金プランの変化が大きかったです。 いわゆるガラケーですか、カメラもついていない、ほとんど電話とメールのみの機能に絞った機種を選んだのですが、ただただ、「安い!!」のひとこと。(笑) 機種代はもちろんですが、電話もメールも料金を気にせずガンガン使えます。 もっぱら仕事で使うわけですから、これは助かりますね。 機能を絞っているので、機種変更の誘惑もなさそうです。 そして、スマホはというと、もっぱら情報収集とソーシャルなアレコレに大活躍しています。 もちろん、電話やメールは基本的に使いません。 使い方をはっきりと分けてしまえば、これはなかなか便利ですよ。

2台持ち

 

ところで、みなさんのご家庭では、家族全員の通信費はいくらぐらいになっていますか? 通信費の節約に頭を悩ませている人も多いとは思いますが、やはり、一度手にした便利なモノを手放すというのは難しいものですね。 とはいっても、十数年前には、子どもまで含めて家族全員が携帯電話を持っているという姿は予想もできませんでした。 これまで、そして、これからも使い続けるであろう携帯電話やスマホにかかる費用の総額を計算してみると、憂鬱になりそうですね。(汗)

 

人生の三大支出とかにも変化があって、通信費はその一角に食い込みそうです。 食い込むというか生命保険料の順位が後退し、通信費が三大支出の仲間入りかもしれませんね。 収入の多寡に関わらず、欲しいモノ全てが手に入るわけでもありません。 「欲しいモノ」と「必要なモノ」の違いをしっかりと見極めることも大切ですが、通信費の節約だけを考えないで、家計全体の支出から優先順位を考えてみたいものです。 数年後には、「自家用車なんて持たなくて当たり前」な時代になっているかもしれませんし。

 

 


憧れは必要だが、早とちりはいけない

「減速する」という生き方に共感する人が増えているのも、わかるような気がします。 私自身、ファイナンシャルプランナーという仕事をしていますが、相談実務を通じて「お金が全てではない」と、強く感じます。 ライフスタイルも多様化し、価値観も人それぞれ。 「自分の好きなことを、自分のペースで、ストレスのない暮らし」って、憧れますよね。 ただ……、これだけ書くと、まるで、リタイア後の暮らしのようです。

経済成長っているの?30代で脱サラ「減速」生活(東京新聞TOKYO Webへ)

もちろん、この人だって、最初からローギアで走ってきたわけではありませんし、だからこそ「減速」なんですね。 短絡的に、「あ~オレ、もうしんどいから、減速しちゃえ」って、安易に脱サラする人もいないとは思いますが、何を始めるにも、それまでの経験や人間関係が役立つことは間違いありませんから、やはり、常に「今」を大切にしたいです。

減速

 

「減速生活」を実際に手に入れる可能性のある人ばかりとも限りませんが、憧れだけでは難しいことも現実でしょうし、入念な準備や、家族全員で価値観を共有することも大切でしょうね。 「家族との時間を増やす」といっても、家族と過ごす時間の長短で「幸せ度」が決まるわけでもなさそうですし、子どもの成長に伴って家族の形も変化しますから。 「家族との生活を第一に考え、減速する」という人がいる一方で、「家族との生活を第一に考え、加速する」ことが必要な人もいるでしょう。

 

現状を把握する→ゴールを設定する→知識を身につける→プラン作成と実行→定期的見直し

 

これは、ファイナンシャルプランニングの基本的な手順ですが、最初の「現状分析」はとても大切です。  憧れのライフスタイルや、希望する暮らしといったゴールを設定する前に、まずは今の暮らしについて客観的に見つめてみる必要があります。 そして、本当に実現したい夢や希望であれば、ゴールはより具体的で実現可能なものでなければなりません。 単なる「憧れ」で終わらせるわけにはいきませんし、「早とちり」だったと悔やんだりしたくありませんから。準備をしっかりとする必要があることはもちろんですが、それは家計面のことだけではなく、家族間のコミュニケーションとか、夢の共有とか、やはり日々の暮らしのなかにあるのではないでしょうか。